会社案内

ニュージーランド・ブラックカラント
組合とは?

NZブラックカラント組合は、ニュージーランドカシスの生産者たちによって結成された、ニュージーランドカシス産業界における生産管理や販売、マーケティングなどを行っている協会です。

組合の重要な業務はまず、組合に加入している生産者から搬入される収穫直後の果実を一括管理すること。その後、収穫した果実を加工して濃縮果汁や冷凍果実(IQF)、ピューレ、パウダーなどを作っています。組合で製造しているこれらのカシス製品は、ジャムやジュース、栄養補助食品、その他小売製品などの原料として広く使用されています。

組合の重要な業務は、組合に加入している生産者から搬入される収穫直後の果実を一括管理し、加工して販売すること。組合では、小売商品としてのジャムやジュースなどは製造していませんが、その原材料となる濃縮果汁や冷凍果実(IQF)、ピューレなどを作っています。組合で製造しているこれらの製品は、一般的なジャムやジュースはもちろん、日本など世界中で販売されている栄養補助食品の原料としても使用されています。

NZカシス研究秘話

 

ニュージーランドカシスのエキスパート、グレン・ヴィル博士 ― NZカシスとの出会い

ニュージーランドカシス組合の一員として、本日はNZBC技術顧問のグレン・ヴィル博士をご紹介したいと思います。 ...

ラグビーNZ代表のジャック・グッドヒュー選手、ニュージーランドカシスのブランド大使に就任

ニュージーランドカシスの知られざる魅力を日本の消費者に発信 東京、2019年5月1日 – ニュージーランドカ ...

ニュージーランド・ブラックカラント組合、 NZカシスの魅力を発信する公式ウェブサイトを全面リニューアル

今どんどん人気が上昇している話題のスーパーフルーツ、ニュージーランドカシス。 ...