アクティブライフスタイル

ニュージーランドカシス – アクティブライフスタイルに適応する身体

概要

  1. バイオアベイラビリティが高いニュージーランドカシス
  2. 運動前のNZカシス摂取により酸化ストレス指標が低下
  3. 運動前のNZカシス摂取により筋肉へのダメージも軽減
  4. 運動前にNZカシスを摂取した治験者の血液中の乳酸量は、摂取しない場合と比べ低い
  5. ニュージーランドカシスは運動後の抗炎症、細胞修復機能を活性化
  6. カシスは血流を促進
  7. NZカシスによる運動パフォーマンスの向上
  8. NZカシスは筋肉痛を軽減
  9. Nrf-2は生態防御機能や修復機能を活性化し、アクティブなライフスタイルにより引き起こされるストレスに適応する身体づくりにとても重要な役割を果たすことが明らかに

1. バイオアベイラビリティが高いニュージーランドカシス

体重1㎏あたり0.8㎎のカシス抽出パウダーを摂取すると2時間後、被験者の血液中のアントシアニンレベルが上昇した (体重75㎏の方が11粒もしくは12gのNZカシス、もしくは60㎎のカシスアントシアニンを摂取するのと同等量)。

参考: Hurst RD et al. (2019) Consumption of an Anthocyanin-Rich Extract Made From New Zealand Blackcurrants Prior to Exercise May Assist Recovery From Oxidative Stress and Maintains Circulating Neutrophil Function: A Pilot Study. Front. Nutr. 6:73

2. 運動前のNZカシス摂取により酸化ストレス指標が低下

運動2時間前にNZカシスアントシアニンを体重1㎏あたり1.6㎎摂取し、タンパク質カルボニルのレベルによる酸化ストレスを計測したところ、中軽度の運動を行った被験者の 酸化ストレスが劇的に低下。

参考: K.A. Lyall, et al., (2009) Short-term blackcurrant extract consumption modulates exercise- induced oxidative stress and lipopolysaccharide-stimulated inflammatory responses, Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol. 297, R70-81

3. 運動前のNZカシス摂取により筋肉へのダメージも軽減

血液中に含まれるクレアチンキナーゼにより筋肉へのダメージを計測したところ、体重1㎏あたり3.2㎎のNZカシスアントシアニンを摂取し、中軽度の運動を行った被験者の筋肉ダメージが劇的に低下。

参考: K.A. Lyall, et al., (2009) Short-term blackcurrant extract consumption modulates exercise- induced oxidative stress and lipopolysaccharide-stimulated inflammatory responses, Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol. 297, R70-81

4. 運動前にNZカシスを摂取した治験者の血液中の乳酸量は、摂取しない場合と比べ低い

102㎎のNZカシスアントシアニンを運動2時間前に摂取したところ、様々な強度の運動を行った被験者の血液中に含まれる乳酸量が劇的に低下。

参考: Willems ME et al (2015) Beneficial physiological effects with blackcurrant intake in endurance athletes. Int. J. Sport Nutr. Exerc. Metab. 25(4):367-74.

5. ニュージーランドカシスは運動後の抗炎症、細胞修復機能を活性化

運動2時間前に体重1kgあたり3.2mgのNZカシスアントシアニンを摂取した被験者者は、運動後24時間にわたり抗炎症メディエーター(抗炎症物質)IL-6が劇的に増加し組織修復メディエーター(物質)TNF-αが劇的に低下。これは炎症や組織のダメージが改善されたことを表している。

参考:  S.M. Hurst & R.D. Hurst (2013) Anthocyanins, innate immunity and exercise. In: Anthocyanins in Health & Disease. Taylor C. Wallace (Ed), CRC Press.
K.A. Lyall, et al., (2009) Short-term blackcurrant extract consumption modulates exercise-induced oxidative stress and lipopolysaccharide-stimulated inflammatory responses. Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol. 297, R70-81.

6. カシスは血流を促進

カシスアントシアニンを1回摂取した被験者 (0.8 mg/ 体重1㎏あたり)の安静時抹消血流量が22%増加。

参考: Matsumoto H et al (2005) Effects of lackcurrant anthocyanin intake on peripheral muscle circulation during typing work in humans. Eur J Appl Physiol 94:36-45

7. NZカシスによる運動パフォーマンスの向上

被験者がサイクリングトライアルを行う前に105mgのNZカシスアントシアニンを摂取したところ、プラセボ摂取と比較し16.1 kmのタイムトライアルで66秒タイムが縮まり、スプリント距離が200m伸びた。

参考:  Cook MD et al (2015) New Zealand blackcurrant extract improves cycling performance and fat oxidation in cyclists. Eur. J. Appl. Physiol. 115(11):2357-65.

8. NZカシスは筋肉痛を軽減

運動前にNZカシス濃縮パウダーを1週間摂取することで、摂取しないときよりも被験者の筋肉痛が軽減された。

参考:  M. Coelho et al (2017).  The effect of New Zealand blackcurrant extract on recovery following eccentric exercise induced muscle damage. Proceedings of the Nutrition Society, 76 (OCE2), E34.

9. Nrf-2は生態防御機能や修復機能を活性化し、アクティブなライフスタイルにより引き起こされるストレスに適応する身体づくりにとても重要な役割を果たすことが明らかに

Nrf2はカシスアントシアニンのような植物由来の栄養素や運動によって活性化される転写因子であり、アクティブなライフスタイルから引き起こされるストレスに対抗する身体づくりに必要な細胞保護機能、また防御機能を改善する様々な細胞分子の合成を促すスイッチの役割を果たしている。

参考: Aaron J. Done and Tinna Traustadóttir (2016) Nrf2 mediates redox adaptations to exercise Redox Biology 10:191-199.
Thoppil RJ et al (2012) Black currant anthocyanins abrogate oxidative stress through Nrf2- mediated antioxidant mechanisms in a rat model of hepatocellular carcinoma Curr Cancer Drug Targets 12:1244-57.

NZカシス研究秘話

 

ニュージーランドカシスのエキスパート、グレン・ヴィル博士 ― NZカシスとの出会い

ニュージーランドカシス組合の一員として、本日はNZBC技術顧問のグレン・ヴィル博士をご紹介したいと思います。 ...

ラグビーNZ代表のジャック・グッドヒュー選手、ニュージーランドカシスのブランド大使に就任

ニュージーランドカシスの知られざる魅力を日本の消費者に発信 東京、2019年5月1日 – ニュージーランドカ ...

ニュージーランド・ブラックカラント組合、 NZカシスの魅力を発信する公式ウェブサイトを全面リニューアル

今どんどん人気が上昇している話題のスーパーフルーツ、ニュージーランドカシス。 ...