製品紹介

栄養たっぷり、ヘルシーで多様な用途

当組合では、収穫直後の新鮮なニュージーランドカシス果実を、高品質の栄養豊富な濃縮果汁、冷凍果実(IQF)、ピューレなどの製品に加工しています。これらの製品は、世界中の食品・飲料メーカーや、レストラン・ベーカリーなどのシェフ、様々なフード・サービス業者で活用される原材料となります。 日本では、仁丹、サントリー、カゴメ、大塚食品、伊藤園、明治製菓(順不同)といったメーカーが、ニュージーランドカシスを製品に使用しています。

ニュージーランド産カシスの特色である濃い色と香り高い風味は、カシスのみを使った製品はもちろん、他のフルーツ類と混ぜ合わせて様々な用途に活用可能。さらに、製品の栄養価を高めることもできます。ニュージーランドカシスは、ジュースや色々な飲み物を始め、ジャムやコンポートなどの保存食品、朝食用のシリアル、マフィンやケーキなどのベーカリー製品、パイの中身、ヨーグルトやアイスクリームなどのデザート、さらに様々な菓子類と、幅広く食品や飲料製品に使用されています。

品質と安心が第一、NZBCのコミットメント

当組合にカシス果実を供給するすべての生産農家は、組合の指導するトレーサビリティのプログラムを取り入れています。組合にとって、品質と安心は何よりの優先事項。組合は、以下の項目に完全にコミットしています。

  • ニュージーランド産のカシス果実だけを使用しています。
  • アレルギー物質を一切含んでいません。
  • 遺伝子組換え物質を一切使用していません。
  • 糖分や防腐剤は一切添加していません。

ニュージーランドカシスの品種

ニュージーランドカシスは、ベン・アード、ベン・ルーア、マグナスの3つが主要な品種です。組合では、品種を混合したもの、あるいは品種を特定した製品を製造できます。

ニュージーランド産ベン・アードは、世界で栽培される商業用のカシスの中で最もアントシアニンの含有率のレベルが高く、様々な健康食品や栄養機能食品に使用されています。

ニュージーランド産マグナスは、酸味やブラックカラント特有の風味が強く、日常的に消費されるヨーグルトやアイスクリーム、ジャムや飲料、さらにベーカリーのパイなどのフィリングやソースに最適です。

ニュージーランド産ベン・ルーアは、マイルドな風味で酸味も少なく、レストランなどのフード・サービスや小売店のフルーツ・パックで人気があります。ベン・ルーアは、ビタミンCとアントシアニンの含有率がとても高いです。

なお、当組合の製品はお客様から特別な指定やご要望がない限り、品種混合をして濃縮果汁やピューレを製造し、一定の色や風味を持つ品質を維持しています。

NZカシス研究秘話

 

ニュージーランドカシスのエキスパート、グレン・ヴィル博士 ― NZカシスとの出会い

ニュージーランドカシス組合の一員として、本日はNZBC技術顧問のグレン・ヴィル博士をご紹介したいと思います。 ...

ラグビーNZ代表のジャック・グッドヒュー選手、ニュージーランドカシスのブランド大使に就任

ニュージーランドカシスの知られざる魅力を日本の消費者に発信 東京、2019年5月1日 – ニュージーランドカ ...

ニュージーランド・ブラックカラント組合、 NZカシスの魅力を発信する公式ウェブサイトを全面リニューアル

今どんどん人気が上昇している話題のスーパーフルーツ、ニュージーランドカシス。 ...